厨房の排気設備更新

空調 空調 換気設備 換気設備

導入経緯

  • 現状の排気能力と同等以上とし、電源の増設は行わない計画とする。
  • インバータ制御により風量と圧力を調整したい。
  • 騒音と振動を現状より低減した設備としたい。
  • 適切な排気風量に調整し、無駄な消費電力を削減したい。

施工概略

  • 厨房の排気ファン、ダクト、電気配線を更新する。
  • インバータ制御を行う。
【機器仕様、性能要件】
厨房排気ファン: 200V 50Hz 1.5kW ×1台
内部密閉式、軸封付、耐熱仕様、掃除用点検口付、グリス注入管付
  • 排気風量 3100m³/h以上。
  • 厨房フード面風速 0.5m/s以上。
  • 厨房室内がエントランスに対しマイナス圧になること。

成果

  • 排気能力を維持したまま、騒音と振動を低減した。
  • インバータ制御とすることで、適切な排気風量に調整し、無駄な消費電力を削減できた。
厨房 排気ファン

厨房 排気ファン

インバータ制御スイッチ

インバータ制御スイッチ

排気用屋外防火フード

排気用屋外防火フード

風量確認・試運転調整

風量確認・試運転調整

関連する事例

クリーニング工場の暑熱対策のイメージ画像

熱気や蒸気を誘引ファンで排熱

クリーニング工場の暑熱対策

多量の熱気や蒸気が発生し、熱が滞留するクリーニング工場。誘引ファンや圧力扇を設置し、温度、湿度を低下させ、従業員が作業しやすい環境に改善。

学校体育館暑熱対策のイメージ画像

体育館の熱中症対策に誘引ファンを設置

学校体育館の暑熱対策

夏場の体育館の温度上昇による生徒の熱中症対策に。誘引ファンを設置することで換気を促進。温度低下が実現した。

個別パッケージ空調で無駄な稼働をカット

事務所ビルの空調設備修繕

フロア内の冷暖房のばらつきがあったオフィスビル。個別パッケージ方式の採用により、室内の必要箇所のみの空調が可能に。無駄な空調機の稼働もなくなった。

スーパー銭湯の空調設備修繕のイメージ画像

スーパー銭湯の空調設備補修

スーパー銭湯の空調設備修繕

給気ファンの台数を制御することで、外気温や室内温度状況などに合わせた給気量を供給し、空調バランスを調整。

水処理機械室の換気設備のイメージ画像

水処理機械室の換気設備設置

水処理機械室の換気設備

機械熱による温度上昇を抑制し、必要な換気量を確保。機械室外への騒音にも配慮し、騒音値は規定値以下に抑制。