公的検査機関の局所排気装置

有害物質 有害物質 局所排気装置 局所排気装置

導入経緯

  • 特定化学物質を含有する薬液を取り扱うので、作業環境への発散を抑制したい。
  • 労働安全衛生法、特定化学物質障害予防規則に適合する仕様であること。
  • 作業場が狭いので機能的に、且つ給気対策を考慮して局所排気フードをレイアウトしたい。
  • 排風機の音に配慮して設計して欲しい。
  • 労働基準監督署への届け出書類をお願いしたい。

施工概略

  • 作業性を損なわれず、発散される有害物質を捕集吸引するために、適した構造の局所排気フードであること
換気装置の性能要件

対象法規:特定化学物質障害予防規則(特別有機溶剤等含)
排気ファン電源:φ3×200V×50Hz×2.2kW
排気フードの型式:囲い式フード(開口部)、外付け式フード
開口部:制御風速0.4m/s

作業場Ⅰ:外付け式フードの見取り図

作業場Ⅰ:外付け式フードの見取り図

作業場Ⅱ:開口部フードと外付け式フードの見取り図

作業場Ⅱ:開口部フードと外付け式フードの見取り図

成果

  • 局所排気フードが作業性を損なわず、制御風速を確保できた。
  • 囲い式フード及び外付け式フードにて発散した有害蒸気を捕捉吸引し、作業環境への汚染、拡散を抑制した。
局所排気装置系統

局所排気装置系統

排気ファン(インバーター制御)

排気ファン(インバーター制御)

施工後の外付け式フード

施工後の外付け式フード

施工後の開口部

施工後の開口部

施工後の外付け式フード

施工後の外付け式フード

関連する事例

接着作業場の有機溶剤対策のイメージ画像

作業室の溶剤臭を局所排気で除去

接着作業場の有機溶剤対策

接着作業で発散する有機溶剤蒸気を、局所排気装置により吸引捕集することにより、作業環境への汚染、拡散を防止。

塗料製造工場の局所排気装置のイメージ画像

塗料工場に局所排気装置を設置

塗料製造工場の局所排気装置

溶剤を扱う箇所から発生する有機溶剤を、局所排気装置を設置し排気を行い、作業環境改善を実現。

接着作業場の有機溶剤対策

プッシュプル換気装置で有機溶剤蒸気を吸引捕集

接着作業場の有機溶剤対策

作業室の溶剤臭をなくしたいが、作業スタイルは維持したい。作業室にプッシュプル型換気装置を、屋上に排気ファンを設置し作業環境改善を図った。

グラビア印刷機の有機溶剤対策

印刷機から発散する有機溶剤蒸気を捕捉吸引

グラビア印刷機の有機溶剤対策

グラビア印刷機から発散する有機溶剤蒸気をプッシュプル換気装置で捕捉し吸引。作業環境への汚染、拡散を防止。

有害粉じん混合作業場の粉じん対策のイメージ画像

浮遊粉じんを局所排気装置で吸引捕集

有害粉じん混合作業場の粉じん対策

有害粉じん混合作業場で発散する浮遊粉じんを局所排気装置で吸引捕集することで、作業環境への汚染、拡散を防止。

有害粉じん混合作業場の粉じん対策のイメージ画像

作業環境の汚染防止と省電力を実現

有害粉じん混合作業場の粉じん対策

浮遊粉じんをプッシュプル換気装置で吸引捕集。インバータ制御により適正風量を維持することで省電力も実現した。

研究棟の局所排気装置のイメージ画像

研究棟の局所排気を実施

研究棟の局所排気装置

工具使用の作業、据え置き型グラインダの作業に、それぞれ最適な局所排気装置を設置することで、作業環境改善を実現。

局所排気フードのイメージ画像

有害ガスを局所排気装置で排気

FRP工場の局所排気工事

作業性や作業効率に支障なく、有害ガスを局所排気装置で排気。