局所排気装置とは?

局所排気装置 局所排気装置

局所排気装置は、工場や作業場、実験室などで発生する、粉じんや有機溶剤、ガスといった人体に有害な物質を、作業者が吸い込まないために、管(ダクト)によって有害物質を屋外に排出する装置です。

発生源のそばに空気の吸い込み口(フード)を設け、常に吸引するような局所的な気流をつくることで、室内に有害物質が拡散する前に排出します。

汚れた空気は、フードで吸い込んでからダクトを通り、排風機で圧力を加えて屋外に排出しますが、排気による大気汚染を防ぐため、集じん機や排ガス処理装置などの空気清浄装置をダクトに取り付けるのが一般的です。

こうした局所排気装置は、フードの形が設置場にあった適切な形でないと、屋内に有害物質が拡散したり、装置を通さないで屋外に漏れてしまったりする恐れがあります。また、局所排気装置の構造に対しては、有機則や特化則などの厚生労働省令に即した要件を満たす必要があり、満たさない場合は法的に局所排気装置と認められません。

そこで、機能的に排出し、法律に即した局所排気装置にするためには、設計に専門的な技術力と豊富な施工実績を持ったプロのノウハウが不可欠です。

ぜひ、局所排気装置の設計は、経験豊富な「テラル」にお任せください。 調査から設計、官庁届け出、施工まで、ワンストップで承り、定期検査(法定)などのアフター サービスも万全です。

局所排気装置事例
局所排気装置を説明する画像1

局所排気装置1

局所排気装置を説明する画像2

局所排気装置2