プッシュプル型換気装置とは?

プッシュプル型換気装置 プッシュプル型換気装置

プッシュプル型換気装置は、有害物資の発散源を挟んで、吹出し用と吸込み用の2つのフードを向き合って設置する方式の換気装置です。吹出しフードをプッシュフード、吸込み用フードをプルフードと呼ぶことから、プッシュプル型換気装置と言います。

吸込み用フードだけの排気の場合、有害物質がフードに捕捉される前に横流れする危険がありますが、プッシュプル型換気装置では吹出しフードから緩やかな気流を捕捉気流と同じ方向に出すことで有害物質を吸い込み、フードの近くまで運ぶことができます。

プッシュプル換気の気流は平均0.3m/s前後の緩やかな流れでコントロールされるので、発散源から出る有害物質をかき混ぜることなく換気することが可能です。

塗装とか溶接作業の際にも仕上がりに影響を与えることがないので、自動車や鉄構などの塗装をはじめ、アーク溶接、手持ちグライダーを使う研磨など、いろいろな作業現場で利用されています。

プッシュプル型換気装置には、周囲を壁で囲い外との空気の出入りをなくし作業室全体にプッシュプル気流をつくる「密閉式」と、周囲を囲わずにプッシュフードとプルフードを設けて室内の一部にプッシュプル気流をつくる「開放式」があります。

設計にあたっては作業場のレイアウト、作業性などを考慮しつつ、確実に有害物質を捕捉する気流をつくる必要があり、豊富な施工実績と専門的な技術力は不可欠になります。

施工実績の豊富な「テラル」では、プッシュプル型換気装置の計画から設計、申請、施工まで、ワンストップで承ります。また定期検査などのアフターサービスも万全です。

プッシュプル型換気装置事例
プッシュプル型換気装置を説明する画像1 プッシュプル型換気装置を説明する画像2

プッシュプル型換気装置